宅建士講座【直前期応援】

試験直前期はKenで総仕上げ

一分一秒も無駄にできない今、Kenビジネススクールの講座での率的な学習をお勧めします。

 

学習方法は↓をチェック!!

 

 

宅建士ヤマ当て模試(1回分)+前日やるべき講座

宅建士ヤマ当て模試(1回分)+前日やるべき講座

今年の本試験に出題される可能性のある改正点、新判例をすべて盛り込んだ、ヤマ当て予想を中心とする模擬試験及び、その関連知識も網羅する講師による解説で全範囲の総復習を行う講座です。

午前中に試験問題を解いた後に、図表付きの解説冊子を元に問題の解説とともに関連する制度にも触れて全体を総復習します。

あと数点で泣かないために、今年出題が予想される改正点・新判例等の問題を試験直前期に解くことで、合格を確実にすることが目的です。また、前日に覚えるべきことを正確に暗記することも目的となります。前日にしか、できない熱い講義をお届けいたします。

こちらは通学コース、ZOOMコース、WEB配信コースから選べます!

※ZOOM、WEBコースにつきましては、事前に資料送付の関係上、10/15(金)PM12:00を締切とさせていただきます。遠方(北海道、九州、沖縄等)にお住まいの方は+1日余裕をもってお申込み下さい。また締切を過ぎた場合もご相談には応じますのでお電話頂ければと思います。また本講座は専用URLから必要であればご自身で印刷対応いただく資料もございます。こちらもご相談下さい。

※ヤマ当て模試の問題・解説につきましては、ダウンロードはできません。全て紙ベースでのご提供となります。


 

宅建士予想模試(5回分セット)

 

宅建士予想模試(5回)

5回分の問題を通じて全範囲をカバーできる模擬試験
宅建本試験と同様に50問四肢択一式の予想模試の受験と講師による解説講義です。
予想模試終了後すぐに重要な問題および肢について解説講義をご視聴いただけます。解説講義は、解けなければならない問題、合格者なら必ず正解を導いていたであろう問題、解けなくてもよい問題を示しながら、聴講するだけでも覚えられるように工夫されております。
また、予想模試は、改正点・新判例等の出題予想もさることながら、5回分の合計250問の問題は出題が被らないように綿密に計算されて作問されております。つまり、この予想模試を通じてしっかりと復習すれば、合格に必要な知識を抜け目なく習得することができます。

2020年度実績(50問中43問が条文的中しました!!!)
10月10日(日)が会場にてライブ講義をお受けいただける最後の日程になります。ご希望の方は今すぐお申し込みを!!
この予想模試をベースに、その復習を中心に学習するように心掛けましょう。お申込み後、入金が確認でき次第、予想模試5回分一式と専用URLをお送りいたします。

 

 

Kenビジネススクールは、大手不動産企業、金融機関、大学に講師を派遣し、独自のオリジナル教材の研究開発と販売、宅建合格アプリ、コントで学ぶ法律学習などの多くのコンテンツを世に提供する、業界内では驚異的な合格率を誇る有名なスクールです。

Kenビジネススクールの特徴は「Kenが選ばれる理由」ページを参照ください。