登録実務講習スクーリング受講における確認事項等

【2018年度登録実務講習スクーリング受講における確認事項等】


【スクーリングに必要な持参物】
①受講許可証
②身分証明書(運転免許証、その他公的機関から発行された証明書類で、必ず顔写真付のもの)。
※コピー不可となっておりますので、必ず、原本をお持ち下さい。また、合格証明書と姓名が異なる場合につきましては、その変更を証明できる書類をご持参願います。
③登録実務講習テキスト(事前に郵送しております)
④登録実務講習講義ノート(事前に郵送しております)
※上記テキスト類の当日貸出はございませんので、ご留意下さいませ。
⑤筆記用具
⑥時計(会場に時計がないことがありますので、ご持参いただくことをお勧めいたします。)

【スクーリング受講に関する留意事項】
下の行為は失格処分とし、修了試験の受験は認めませんので、くれぐれもご注意ください。
①無断欠席(遅刻・早退の場合には、原則として失格処分となりますが、理由によっては他のコースに振替で対応させていただきます。)
②携帯電話の使用、居眠り、おしゃべり、長時間の途中退席、ゲーム、その他、他の受講生に迷惑をかける行為と担当講師が判断した場合。
③身分証明書により、スクーリング参加時に本人確認ができない場合。

【事前学習について】
すでにご案内しておりますが、まだご覧になられていない場合は、以下を参照の上、事前学習動画をご覧ください。
●2018宅建登録実務講習視聴教材
https://www.youtube.com/watch?v=8hKJ4NNd9wU&feature=youtu.be
※事前学習に際し、上記ページ「教材について」にございます動画「視聴教材(ガイダンス講義)」を視聴して下さい(スマートフォン等でも視聴可能です)。
※これら事前学習には、以下の資料が必要です。
①登録実務講習テキスト
②登録実務講習講義ノート

【修了試験について】
スクーリングの2日目の講義終了後に、修了試験を実施します。
修了試験は、択一式、記述式の問題を1時間で解答していただきます。
択一式、記述式の問題いずれにおいても、8割以上の正解で修了と認定いたします。
修了試験には、テキストのみ持ち込みが可能です。ただし、問題漏洩防止のため、試験問題の持ち帰りおよびテキストへの問題の転記は認めておりません。行為が発覚した場合、失格処分となる場合もありますので、ご注意ください。また、他の受講生の解答を故意に見た場合、テキスト以外の資料を故意に見た場合、携帯電話等の通信機器の電源を切らなかった場合にも、失格処分とさせていただきます。失格処分に該当された方につきましては、国土交通省、都道府県、指定試験機関へ報告させていただきます。