宅建士直前合宿

講座の概要

宅建試験で過去に何度も出題されている頻出分野と最新判例・改正点を中心とする、宅建本試験と同様に50問の4肢択一式予想問題を利用して行われる短期集中講座です。

特に、宅建業法等(50問中20問出題)で確実に17点以上取れるように、1日目の大半は宅建業法に費やされます。


すぐに点数につながる知識と情報の修得とともに、宅建本試験までの1~2週間の学習方針を明確なものとします。ですから、今年の宅建試験に絶対に合格する強い意志を有する方すべてが対象の講座となります。

宅建直前合宿では、今年出題が予想される分野について、まず問題(4肢択一式)を解いてもらいます(1問ずつ)。その上で、理解と解答のポイントを覚えるために講義を聴いてもらいます。
宅建試験に合格する為には、各制度の正確な理解と記憶の定着が必須となります。講義は正確な理解を助け、問題演習は記憶の定着に役立ちます。

また、合宿の始まりと終わりにテストを実施します。宅建試験で正確な記憶が求められる数字等の穴埋め問題です。同様の問題を最終日の最後に実施し、しっかりと記憶に定着して行きます。


カリキュラム

土日コースと平日コースがあります。
組み合わせることも可能です。

  1日目 2日目
平日コース 10/3(火) 10/4(水)
土日コース 10/7(土) 10/8(日)

 


  1日目 2日目
9:00~10:00 開幕テスト(頻出分野穴埋め式) 都市計画法、建築基準法
10:10~11:10 宅地建物取引業の免許 国土利用計画法・農地法・宅地造成等規制法
11:20~12:20 宅地建物取引士、保証金制度 税法・地価公示・不動産鑑定評価基準
13:20~14:20 広告・媒介、重要事項説明 時効と保証制度、抵当権
14:30~15:30 37条書面、契約成立制限 借地借家法
15:40~16:40 自ら売主制限 閉幕テスト(開幕テストと同じ問題)
16:50~17:50 監督処分・罰則、瑕疵担保履行法 免除科目
20:00~22:00 演習  

※ 講座の進捗状況によって、カリキュラムは変更する場合もございます。
※ 演習は、宅建業法を中心に過去10年分の過去問を1問1答式にしたプリントを解いて頂き、全問正解を条件に次の項目のテストを解いて頂きます。1問でも間違えた場合は、同じテストを全問正解するまで繰り返し解いてもらいます。同じ問題を何度も解くことで、宅建試験の出題パターンを体得し、曖昧な知識を正確な知識へと変わります。


使用テキスト等

担当講師

講義担当:田中謙次
※ 地方での開催の場合は田中謙次以外の講師が担当します。

実施会場

東京都新宿区新宿5-6-2 神谷ビル2F

東京メトロ丸ノ内線 新宿三丁目駅 C7出口 徒歩3分
東京メトロ副都心線 新宿三丁目駅 C7出口 徒歩3分
都営新宿線 新宿三丁目駅 C7出口 徒歩3分
東京メトロ丸ノ内線 新宿御苑前駅 3番出口 徒歩6分

※ 受講人数によっては西新宿教室で行う可能性もあります。