宅建士講座

権利関係まるわかり講座

宅建士試験民法、権利関係講座申込み(2024年1月17日~)

(↑画像をクリックすると、講座紹介ページへ)

初学者の方はこの講座からがお勧め

2023年度の宅建試験は、宅地建物取引業法や法令上の制限・税法の問題が過去に出題されたことがあるレベルの内容でした。年々受験生のレベルが上がる同試験においては、権利関係(民法)で差を付けることが合格必須要件となっています。

権利関係の問題は、過去にない問題や学説上議論となっている論点からの出題も多くなり、過去問を学習する程度では太刀打ちできないものも多くなっています。

本講座では、権利関係ではなく「民法」について基礎からしっかり全体像と基本論点を学び、余裕をもって試験に合格できる知識を身に着けることを目的とします。

初学者の方はこの講座から受講することをお勧めします。

法令制限ふかぼり講座

宅建士試験法令制限講座申込みページ(2024年1月21日~)

(↑画像をクリックすると、講座紹介ページへ)

初学者の方はこの講座からがお勧め

難問・高度化する《法令上の制限》は、もう直前の丸暗記では対応できないものとなっています。また、暗記だけの学習は苦痛であることから試験終了後に忘れてしまい、実務に役立たせることができないという本末転倒を招くという方もちらほら。

本講座を通じて、ゆっくりと楽しみながら、街づくりの全体像と手続きを理解することで、試験はもちろん実務でも役立つ知識の定着を図ることが目的です。

2024年度の試験では、宅地造成及び特定盛土等規制法、建築基準法の大幅改正をふまえた出題がなされるため、再受験者・初受験の方のみならず、既合格者の方に加えて不動産会社勤務の方にとっても、ひじょうに役立つ内容として講義設計しています。

初学者の方はこの講座から受講することをお勧めします。

宅建士基本講座

宅建士基本講座

(↑画像をクリックすると、講座紹介ページへ)

初学者の方はこの講座からがお勧め

法律知識・不動産の知識がゼロの方、さらには法律についてどのように勉強したらよいのかが解らない方でも、一からわかりやすく解説をうけて、宅建試験合格に必要な知識を修得するための講義です。

初学者の方はこの講座から受講することをお勧めします。
まずは、「ベーシック講義」をご覧いただき、次に、応用的な内容の「ハイクラス講義」へと進んでいただく充実の内容です。
前回分の確認テスト(○×式の問題25問)の実施とその解説からはじまり、宅建試験出題範囲をほぼ網羅する講義です。

権利関係マスター短期集中講座(試験2カ月半前の実施)

権利関係マスター短期集中講座

(↑画像をクリックすると、講座紹介ページへ)

民法を中心とした権利関係が苦手な方はこの講座

権利関係マスター短期集中講座は、宅建試験で14問程度出題される民法を中心とした権利関係科目をマスターし、14問中10問以上得点できる実力を身に付けることを目標とした講座です。
2日間で最低でも16時間以上は勉強するという、多少厳しいスケジュールになっていますが、例年この合宿講座に参加された受講生の方々の合格率は、60%以上と、他の講座と比較しても飛躍的に高くなっています。
これは、単に権利関係科目が得意になるという効果のみならず、8月以降、本試験までの約2ヵ月に「何を勉強し、何をすることでうかるのか?」ということが明確になり、受講終了後、宅建試験までの時間を有効活用できるようになるという効果も大きいといえます。

宅建業法マスター短期集中講座(試験2カ月前の実施)

宅建業法マスター短期集中講座

(↑画像をクリックすると、講座紹介ページへ)

宅建試験の総本山!宅建業法を一気に合格ラインにもっていきたい方はこの講座

宅建業法マスター短期集中講座は、宅建試験で約19問出題される宅地建物取引業法、約1問出題される住宅瑕疵担保履行法をマスターし、20問中18問以上得点できる実力を身に付けることを目標とした講座です。

宅地建物取引業法自体は理解するのに難しさを感じない法律です。しかし、重要事項説明事項等、試験対策として暗記すべき事項は多く、趣旨も含め効率よく暗記しなければ合格できません。この講座を通じて2日間で宅地建物取引業法を完璧にして下さい。

法令上の制限・税・価格評定マスター短期集中講座(試験1カ月前の実施)

法令上の制限・税・価格評定マスター短期集中講座

(↑画像をクリックすると、講座紹介ページへ)

暗記科目の巣窟!直前期に暗記科目の法令制限・税法をマスターしたい方はこの講座

法令上の制限・税・価格評定マスター短期集中講座は、宅建試験で約8問出題される法令上の制限(都市計画法・建築基準法・土地区画整理法・国土利用計画法・宅地造成等規制法・農地法)、約1問出題される土地等評価(地価公示法・不動産鑑定評価基準)、約2問出題される税法(国税・地方税)をマスターし、11問中8問以上得点できる実力を身に付けることを目標とした講座です。

この分野は、満遍なく学習すると多くの時間を要してしまいます。どこをどのように暗記すれば合格できるのかをピンポイントで講義します。

全体像と時系列を理解することが合格への近道ですが、最終的には数字等を正確に暗記する必要があるので、1カ月前からの学習が効果的です。

直前期 合格トコトン演習

直前期 合格トコトン演習

(↑画像をクリックすると、講座紹介ページへ)

30名限定のプレミア特別演習(単日開講)

「権利関係」「宅建業法」「法令制限」すべてを網羅し、徹底した問題演習と個別指導で直前期の不安を解消する演習形式の講座です!

 


宅建士予想模試(5回)

宅建士予想模試(5回)

(↑画像をクリックすると、講座紹介ページへ)

5回の問題を通じて全範囲をカバーできる噂の模擬試験

宅建本試験と同様に50問四肢択一式の予想模試の受験と講師による解説講義です。

予想模試終了後すぐに重要な問題および肢について解説講義を行います。解説講義は、解けなければならない問題、合格者なら必ず正解を導いていたであろう問題、解けなくてもよい問題を示しながら、聴講するだけでも覚えられるように工夫されております。

また、予想模試は、改正点・新判例等の出題予想もさることながら、5回分の合計250問の問題は出題が被らないように綿密に計算されて作問されております。つまり、この予想模試を通じてしっかりと復習すれば、合格に必要な知識を抜け目なく習得することができます。

2020年度実績(50問中43問が条文的中しました)

試験1カ月半前からはこの予想模試をペースメーカーに、その復習を中心にして全科目を満遍なく学習するように心掛けましょう。

宅建TheOpenMOGI

宅建TheOpenMOGI

不動産法務のスペシャリストであるKenビジネススクール、業界情報が集結する住宅新報の強力タッグで、今年もまた、全国規模の<宅建士模擬試験>を実施いたします。

同じ目標を目指す不特定多数のライバルが集えば集うほど、試験本番の雰囲気に近づき、その中での自分のレベルが浮き彫りになります。

 


宅建士直前合宿(試験1週間前の実施)

宅建士直前合宿(全科目)

試験1週間前は全科目の総復習と頻出分野の暗記とヤマかけが試験結果を分けます!

宅建本試験1週間前に実施する全範囲(免除科目を含む)の頻出分野をマスターし、短期間で合格圏内に自分をグレードアップするための講座です。

宅建士直前合宿では、今年出題が予想される分野について、まず問題(4肢択一式)を解きます(1問ずつ)。その上で、理解と解答のポイントを覚えるために講義を聴きます。

宅建試験に合格する為には、各制度の正確な理解と記憶の定着が必須となります。講義は正確な理解を助け、問題演習は記憶の定着に役立ちます。

また、合宿の始まりと終わりに開幕テスト・閉幕テストを実施します。宅建試験で正確な記憶が求められる数字等の穴埋め問題です。

 

 

 

宅建士ヤマ当て模試(1回分)+前日やるべき講座

宅建士ヤマ当て模試(1回分)+前日やるべき講座

今年の本試験に出題される可能性のある改正点、新判例をすべて盛り込んだ、ヤマ当て予想を中心とする模擬試験及び、その関連知識も網羅する講師による解説で全範囲の総復習を行う講座です。

午前中に試験問題を解いた後に、図表付きの解説冊子を元に問題の解説とともに関連する制度にも触れて全体を総復習します。

あと数点で泣かないために、今年出題が予想される改正点・新判例等の問題を試験直前期に解くことで、合格を確実にすることが目的です。また、前日に覚えるべきことを正確に暗記することも目的となります。

 


 

Kenビジネススクールはここがすごい

Kenビジネススクールはここがすごい

Kenビジネススクールは、不動産教育業界トップクラスの高い合格率を誇る専門教育機関です。

大手不動産企業、金融機関、大学等における不動産国家資格取得のための研修運営・講師派遣を行うなかで培った試験合格に関するノウハウを個人向け講座に惜しみなく活かしています。
そして、独自のオリジナルテキストや宅建/賃管士アプリの研究開発・発行・販売のほか、公式YouTubeチャンネルでの幅広い内容の動画コンテンツ配信など、様々な情報を発信することにも力を入れています。

Kenビジネススクールの特徴は「Kenが選ばれる理由」ページを参照ください。

受講料金と申込み ※近日申込み受付開始